さくらさくら 実相寺の山高神代桜 SakuraSakura Cherry Blossoms

山梨県北杜市武川町(旧武川村)の実相寺境内にある樹齢2000年日本最古ともいわれるエドヒガンザクラの老木です。国指定の天然記念物で、正式指定名称は山高神代桜(やまたかじんだいざくら)です。 日本五大桜または三大巨桜の1つで1922年(大正11年)10月12日には国の天然記念物に、平成2年6月に新日本名木百選に指定されました。 日本武尊が東征の際、この桜を植えたといわれています。また、鎌倉時代、日蓮がこの木の衰えているのを見て、祈ったところ蘇ったという伝説があります。 Takekawa-cho, Hokuto, Yamanashi Prefecture (formerly Takekawa village) is Ed’s old tree cherry tree which flowers early 2000, also known as Japan’s oldest-old in the precinct Jissoji. In the nationally designated natural monument, the names given formally gods bowler cherry is. In 1922 one of the five major Japanese cherry or three great […]